« 赤ちゃんの好み | トップページ | 思い出の一枚 »

2008年2月10日 (日)

サイエンス3月号

 日経サイエンス3月号の特集は「地球にエイリアン」、「ガンマ線宇宙望遠鏡GLAST」等です。表紙の写真は「地球にエイリアン」の特集にある、もしかしたら、いるかもしれないと想像した、二つの核を持つ細胞生物です。特集ではそれらの特殊な生き物の生命圏を「シャドーバイオスフィア」と呼んでいます。これらの生命が見つかったら、興味深いことになるでしょう。

 3番目の特集では暗黒エネルギーを解明しようとする取り組みに、日本のすばる望遠鏡が挑むというものです。

 また、地球温暖化や環境保全というテーマでは「排出権取引を行かす道」「人間のための自然保護」という興味深い特集もあります。CO2排出権取引については、EUでも行われていますが、それらが抱える問題点についても記述されているのは非常に興味深いです。制度の悪用というのは、いつの世にも、さけられないもののようです。

« 赤ちゃんの好み | トップページ | 思い出の一枚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンス3月号:

« 赤ちゃんの好み | トップページ | 思い出の一枚 »