« 藤前干潟 | トップページ | 女の子 »

2010年12月16日 (木)

DVD 「おかえりなさい、はやぶさ」

「はやぶさ」の技術や行程のドキュメントではなく、関係者のインタビューを中心にした内容でした。はやぶさの技術スタッフのインタビューだけではなく、はやぶさのCGを描かれていた池下氏のインタビューが、運用スタッフとは別の視点で語られるのが、個人的には良い組み合わせだと思います。

 ただ、ところどころ、はやぶさの視点での語り(ナレーションは池田昌子さん)が入りますが、このナレーションの内容が考証が足りないのか、あえて情緒を優先したのか、
姿勢制御用のロケットエンジンと、イオンエンジンを混同しているような内容であったり、
行方不明から脱したところから、イオンエンジンのクロス運転まで一気に進んでしまったりしています。その不正確さが残念でした。「はやぶさ」のドキュメンタリーとしては致命的です。

 とはいえ、関係者のインタビューは本当におもしろい。これだけでも見る価値はあります。
はやぶさ関連の書籍で語られる内容と重複するところもありますが、ご本人の口から聞くのも、感情的なものが見えて興味深いです。

 淡々と語られるプロジェクトマネージャーの川口教授の話もいいですが、イオンエンジンの國中准教授が語ったイオンエンジンのクロス運転を実行するところが、プロジェクト進行とは違う立場(イオンエンジンのエンジニア)なのが笑えました。プロジェクトの危機であったイオンエンジンの停止こそ、2基のイオンエンジンを組み合わせて運用するクロス運転を試すチャンスだったんですね。でも、これだけの可能性を示した「はやぶさ」のイオンエンジンの次が誕生していないということが、残念な様子。

 はやぶさによって熟成された技術を受け継ぐ宇宙船が、日本で生まれることを切に願わすにはいられません。

 印象的なのははやぶさの大気圏突入の場面。ネットでは解像度が低かったりしましたが、このDVDではきれいな影像が見られます。この影像に対しても、スタッフのいろいろな思いがあるようです。川口マネージャーの語りが印象的です。


« 藤前干潟 | トップページ | 女の子 »

DVD」カテゴリの記事

コメント

はやぶさのDVDが出てるんですか♪ 日本中に
感動を与えた快挙でしたね。
ところで最近写真のアップが増えましたね、色んな
シーンでとても楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD 「おかえりなさい、はやぶさ」:

« 藤前干潟 | トップページ | 女の子 »