用語

2008年6月11日 (水)

無人輸送機HTV

 国際宇宙ステーションに、日本の実験モジュール「きぼう」の取り付けが行われました。従来の宇宙ステーションの他のモジュールに比べ、格段に音が静かだとか。もしかしたら、実験モジュールとして使われるほか、乗組員の休憩場所としても使われるかもしれません。日本の技術もすごいですね。
 さて、スペースシャトルにも退役が迫る今、日本独自の無人輸送機HTVが開発されています。全長10m、予圧された貨物室と、宇宙空間にさらされる区画をもつ、宇宙用トラックと言った趣があります。総重量16t、これを打ち上げるロケットも改良され、H2Bとなり、1段目ロケットの改良が行われます。従来メインエンジンはLE-7Eが1機であったところを2機に束ねて使用し、燃料を多く積みます。
 2010年にスペースシャトルが退役すれば、この無人機の果たす役割が重要になってくるでしょう。もっとも、大気圏突入能力はなく、不要物資を積み込んだ後、大気に突入させ焼却するという使い捨ての輸送機です。
 それでも日本の宇宙技術はここまで来たかと言う気がします。今後は是非、再突入可能で、宇宙から物資も持ち帰ることができる無人輸送機を開発してほしいですね。
 出典は日経サイエンス7月号です。

ブログランキング・にほんブログ村へ A_01 にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

2008年3月26日 (水)

デュアル・モード・ビークル(DMV)

 JR北海道が開発した軌道(線路の上)と道路を走る軌陸両用車。少数の乗客数でも採算が取れるローコスト輸送を目的としている。日産自動車のシビリアンをベースに車体の前後にレールを走行する鉄輪を備え、線路上も、後輪のタイヤで駆動する。
 通常のディーゼル車両に比べ、低価格で、運用コストも安い。さらに道路を使って鉄道では直接アクセスできなかった場所へ直行便を設定できる利点もある。

 個人的には自動車に頼るよりも、公共交通網が充実したほうが良いと考えているので、早く実用化されて、地方の交通の利便性があがればいいなと思います。


 「路線バス完全特大号2008保存版」にデュアル・モード・ビークルの記事が掲載されています。

↓ 参考になったと評価していただけたら、クリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

2008年1月31日 (木)

ボーイング767

メーカー ボーイング
全幅:47.57m
全長:54.94m
全高:15.85m
翼面積:283.3m2
発動機:P&H PW4060 2基
巡航マッハ数:マッハ0.80
出典:酣燈社 世界航空機年鑑 2007~2008

2008年1月30日 (水)

B83

 アメリカ合衆国の核爆弾。W83核弾頭を搭載し、低高度で水平飛行中に投下する。最後部に投下後に開く抵抗傘が納められていて、投下機が核爆発に巻き込まれないように、減速する仕組みになっている。
出典:軍用機ウエポン・ハンドブック 青木謙知著
   イカロス出版

ビオトープ

生物群集の生息空間。生息空間としての最低限の面積を持ち、その周辺空間から明確に区別できるまとまりを持っているもの。
有機的に結びついた動物群の生息空間、あるいは重要な一時生息空間。
出典:ビオトープの基礎知識 ヨーゼフ・ブラープ著 
   出版 財団法人日本生態系協会

エコトーン

生態的な特性を異にする2種類(以上)の空間が隣接して存在するとき、そのうちのひとつから別のひとつの間にかけて見られる移行的な空間。二つの空間に挟 まれた帯状の範囲で、両方の空間の種が重なり合ってみられる場所をさすこともあるが、二つの空間のどちらとも別の生態的な特徴を持った空間が成立して独特 の生物群集が見られる場合もあり、そちらを特に指す場合もある。
出典:ビオトープの基礎知識 ヨーゼフ・ブラープ著

W83

アメリカ合衆国が保有する核弾頭。地下核爆発実験では20~150万kTの威力が記録されているが、実際には1~2MTの威力を有すると言われている。
出典:軍用機ウエポン・ハンドブック 青木謙知著
   イカロス出版

2008年1月28日 (月)

Xプライズ財団

 人類のためになる刺激的な目標を定め、多額の賞金をつけ、民間のチームから最高の革新技術を引き出すことを目的にしている財団。有名なプライズとして、 「個人宇宙飛行産業の創生を通して、誰でも安全に宇宙旅行できるようにする」という目標に対して、モハベ・エアロスペース・ベンチャーズ社が、地球低軌道 との間を往復でき、地球期間から2週以内に再飛行可能Jなスペースプレーンを開発して、「アンサリXプライズ」を獲得した。その他のプライスでは、100 人のヒトゲノムを費用100万ドル未満で10日間で読み取ることを目的とした「アルコンXプライス」。燃費1ガロン・100マイル(リッター 42.6km)の車を初めて商業生産することを目的とした「自動車Xプライズ」等がある。
出典:日経サイエンス2008年2月号 2007年のベスト50

W76

アメリカ合衆国が保有する核弾頭のうち、1/3をしめる核弾頭。威力は100キロトン、TNT火薬10万トンに相当する。
出典:日経サイエンス2008年2月号スペシャルリポート「変わる核の脅威」より

2007年12月19日 (水)

フェビアン協会

シドニー=ウェッブ、バーナード=ショー等によって1884年イギリスで設立され、斬新的社会主義の道を指導したグループの名がフェビアン協会である。フェビアンの名はローマの武将ファビウスにちなんだもので、彼が持久戦の名将であったことから、現代において忍耐強く長期的に社会改良の道を進むべきであると考えたとされる。
 フェビアン協会には思想的な統一(社会主義の概念についての)はなく、系統としてはジョン・シュチュワート・ミルの功利主義と、歴史的に形成された議会主義との結合から生まれたともいえる。
出典 東京法令出版 新倫理・社会資料

より以前の記事一覧