« イカルチドリ? | トップページ | 子スズメ »

2009年6月14日 (日)

消えたミツバチの謎 蜂群崩壊症候群(CCD)

日経サイエンス7月号の記事です。

 ミツバチが消えると言うことは、最近よく聞かれますが、記事によると、始まりは2006年秋だそうです。アメリカ合衆国の養蜂家ハッケンバーグ氏の3000個あった巣箱のうち、半分以上から蜂が消えました。ミツバチの死骸はなく、残りの巣箱も、残っていたのは若い働きバチと女王バチだけだったとのこと。これらの大量の蜂の失踪は、2007年春には一時的には、とまったそうです。調査の結果、全米の養蜂家が同様の経験をし、30%のミツバチが失われたことがわかりました。

 原因として考えられたのが、ダニなど寄生虫による影響、ウイルスによる病気、農薬などの科学物質の悪影響等ですが、一つの原因では決め手にはならず、CCDの説明ができません。記事を書いたペンシルベニア州立大学のD.コックス=フォスター氏とD.ファンエンゲルスドープ氏は何か複合的な原因によって生じていると考えているようです。

 原因は特定されていないので、決定的な対策は見いだされていないようですが、古い巣箱をガンマ線で消毒する(ウイルス等のDNAを破壊する)など効果があるとされていますが、別の身近な方法で、ミツバチの大量死をある程度防いだ養蜂家もいるようです。つまりミツバチの健康を保つという素朴な方法です。本来、受粉のため使われるミツバチは、単一の植物の蜜を集めますが、それではミツバチの栄養状態は悪くなるというのです。そこで、栄養状態を改善するため、単一栽培地に生け垣をもうけ、ミツバチが多様な花から蜜を採取できるように心がけたところ、大量死をある程度防げたと言います。原因はともかく、生物多様性という手法で、解決の糸口を探すというのも、いいのかもしれません。

« イカルチドリ? | トップページ | 子スズメ »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

最近、テレビでも報道してましたね。
なんでだろう…?色々と推測されてるけど、
決定的な原因は解明されてないようだし、自然界の
サイクルが変わってきてるのかな?

バルおばさん様、コメントありがとうございます。
記事では蜂群崩壊症候群の原因は、はっきりしないものの、栄養不足や殺虫剤などの複合的要因が作用して、蜂の群が衰弱し、感染症に弱くなるのではないかと指摘しています。また、栄養不足や蜂の衰弱を防ぐため、作物のほかに多様な生け垣をつくって、蜂が採取する蜜を多様化させることで、効果を上げているともあります。

7月5日のサキヨミLIVEで、『ミツバチが消えた』という情報を聞きました…。

私はこの前、【ハプニング】という映画(DVD)を借りて観たのですが、その映画の最初のほうの内容が、あまりにも似ているんです。『ミツバチが消えた』というのが…、全くもって一緒なんです。
映画・ハプニングでは、
まず、ハチが消える問題が発生し、
そして、次はいきなりたくさん人が一斉に自殺行為をし始め、
テロリストの仕業で特殊なガスで人が自殺するという説が流れ、
最後で自殺の理由がわかり、その理由が…、
『歩いたり走ったりして逃げる事のできない植物が、自分達(植物)を切ったり粗末にする人間に警告をするため、ある成分を自ら出し、威嚇をしている。その成分を吸ってしまった人間は、自殺をしてしまうのだ。』
なんです。
…どうでしょう?
この話、有り得ない事も、ないと思うんですが………。

 綾瀬 虎様、コメントありがとうございます。
ミツバチ失踪の原因は本文で書いたように解明されていません。ただ、自然のサイクルを、人間が崩してしまったことは、言えるかも知れません。
 ミツバチが、果実の受粉のため、冬もビニールハウスの中で飛び回り、休む間もない。集める蜜は、単一の作物のものだけの偏った食事。これだけ無理のある生活では、人間でも病気になります。
 ミツバチが失踪したということは、自然を収奪してきた人間に対する、警告なのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えたミツバチの謎 蜂群崩壊症候群(CCD):

« イカルチドリ? | トップページ | 子スズメ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ